ここから本文です

【シュートボクシング】女王RENAが真夏の決戦、女子格闘技の祭典開催

5/30(火) 11:51配信

イーファイト

 毎年恒例となっている“女子格闘技の真夏の祭典”『Girls S-cup 2017』が、7月7日(金)東京・TDCホールで開催されることが決定した。

【フォト】さらにパワーアップしたRENAのボディー

 今大会には『RIZIN』でも活躍中のシュートボクシング(以下SB)世界女子フライ級王者RENA(シーザージム)がメインイベントに出場するほか、SB日本女子ミニマム級王者MIO(シーザージム)、海外三冠王Union朱里(GSB名古屋)、2014年9月以来のSBのリング復帰となる“東北の剛腕美女”未奈(秀晃道場)が参戦。

 さらに、5月28日にJ-GIRLSミニフライ級王座決定トーナメント1回戦で女子キック界を牽引してきたベテランファイター、紅絹を破る大金星を挙げたばかりのMISAKI(GSB名古屋)が出場する。

 昨年のGirls S-cupではRENAが世界タイトル初防衛戦でポーランドの強豪クラウディア・パウィカを3RTKOで下し、MIOが朱里との4Rに亘る激闘を制してGirls S-cup48kgアジアトーナメント制覇を果たした。そのRENA、MIO、朱里は外国人選手との国際戦に挑む予定。

 また、昨年はRIZINから村田夏南子が参戦してMMA(総合格闘技)ルールで試合を行っており、今年もRIZINから友情参戦があるのかも注目だ。

最終更新:5/30(火) 11:51
イーファイト