ここから本文です

ヘントで16試合11ゴールの結果を残した久保裕也、ハリルが挙げる課題とは?

5/30(火) 10:51配信

GOAL

日本代表は29日、キリンチャレンジカップ2017と2018 FIFAワールドカップ ロシア・アジア最終予選に向けた海外組合宿の2日目を迎えた。

ベルギーのヘントで華々しいデビューシーズンを終えて帰ってきたFW久保裕也は、自身のコンディションについて「そんなに自分的には悪くないと思ってます。やっぱり監督が求めるレベルはやっぱ高いので、そこに自分も応えていけるようにすれば、また成長できるかなと思います」と話した。また、加入直後から16試合で11ゴールという活躍を見せたが、課題も口にしている。

「色々ありますけど、チームとここ(日本代表)のスタイルが全然違うので、ここに来たらここの課題があるし、チームの時はチームの課題があるかなと思います」

さらに、日本代表での課題は運動量だとし、ゴール前に入る回数を増やすことをヴァイッド・ハリルホジッチ監督に要求されていると語った。

ベルギーでのプレーには「慣れてきた」とする久保は、すでに上を向いている。日本代表には欧州主要リーグでプレーする選手が数多く集まるが、「常にそういうの(次のステップ)は感じるので、良い刺激をもらっています」と話した。

また、現在U-20ワールドカップで世界と戦っている日本代表の久保建英についてもコメントを求められ、「ああいう個人で打開できる選手はどこのレベルでも貴重な選手だと思うので、すごいなと思います」と率直な思いを口にしている。

GOAL

最終更新:5/30(火) 10:51
GOAL