ここから本文です

パルコ、「カエルパルコ」で宅配ボックスの実証実験開始

5/30(火) 7:01配信

ネットショップ担当者フォーラム

パルコは5月29日、テナント店舗の商品などを販売している通販サイト「カエルパルコ」で宅配ボックスの実証実験を行うと発表した。通販の再配達削減に向け段階的に実証実験を実施し、宅配ボックスの本格利用をめざす。

実証実験を行うのは池袋パルコ。実施期間は5月30日から6月9日まで。

セゾン情報システムズが提供する宅配ボックスを利用する。セゾン情報システムズのオフィスビル内に宅配ボックスを設置し、同社スタッフが「カエルパルコ」で注文した商品の保管と受け取りを試験的に実施する。

使用する宅配ボックスは宅配業者が共同利用するオープン型ロッカー。「誰が、いつ、ボックスを開閉し、何を受領したか」といった情報がブロックチェーン上に記録されるのが特徴。一度施錠された宅配ボックスは、施錠時に指定した顧客しか開錠することはできない。

荷物を受け取る利用者は、個人のスマートフォンを使い開錠する。


今回の実験のスキーム

今回の実証実験はシステムの稼働検証やデータ収集を目的としているため、宅配ボックスの設置場所をセゾン情報システムズのオフィスビル内に限定した。

次の段階として2017年9月頃をめどに、池袋近辺の施設に宅配ボックスを設置。施設利用者らが「カエルパルコ」の商品を受け取れるようにする計画だ。

「カエルパルコ」は出店テナントショップの店頭在庫を活用して通販や取り置き予約を行うサイトで、2014年5月に開設した。ショップブログから商品を注文する仕組みなどを導入している。


めざす稼働スキーム