ここから本文です

ザ・キャピトルホテル 東急のランチで「冷たいカルボナーラ」 隠し味にそばつゆ使う /東京

5/30(火) 7:00配信

みんなの経済新聞ネットワーク

 ザ・キャピトルホテル 東急(千代田区永田町2)内のオールデイダイニング「ORIGAMI」(TEL 03-3503-0872)が6月1日、冷たいカルボナーラの提供を始める。(赤坂経済新聞)

大葉やライムなど6種類トッピングを用意する「ORIGAMI冷麺」

 ランチ限定で提供する「コールドパスタ カルボナーラ」(2,800円)は、パルマ産の生ハム、長ネギ、セロリ、ニンジン、パセリ、クリスピーベーコン、ポーチドエッグをのせて提供する冷製カルボナーラ。パスタソースは、生クリームやチキンブイヨンをベースにそばつゆを隠し味に使い、香ばしくコクのある味わいに仕上げる。シェフの中村直人さんは「冷たいカルボナーラの、料理としてのおもしろさや意外性を感じて欲しい」と話す。

 ランチでは、夏野菜や海鮮をのせた「ORIGAMI冷麺」や、静岡県産のアメーラトマトを使った「フルーツトマトとバジルのカッペリーニ」(以上2,800円)も用意する。

 中村シェフは「カルボナーラは野菜、ポーチドエッグをしっかりと絡めてお召し上がりいただきたい。カルボナーラのクリーミー感を残しながらもさっぱりとした味わいに仕上げているので、好みに応じて、少しずつソースを注ぎながら食べてもらいたい。ぜひ暑い夏に当店で涼を感じていただければ」と話す。

 提供時間は、11時~14時30分。8月31日まで。

みんなの経済新聞ネットワーク