ここから本文です

ダウンタウン・松本とオリラジ・中田のバトルが勃発!?

5/30(火) 11:53配信

リアルライブ

 お笑いコンビ・オリエンタルラジオの中田敦彦が、所属事務所の先輩にあたるお笑いコンビ・ダウンタウンの松本人志を批判した件で事務所から松本に対して謝罪を要求されたものの、謝罪する意思がないことを明かし騒動になっている。

 中田は28日放送のラジオ番組「らじらー! サンデー」(NHKラジオ第1)で、「(事務所の)幹部と社長に、いま僕は『謝れ』と言われている」と明かした。

 中田によると、事の発端は2月に脳科学者の茂木健一郎氏がツイッター上で展開した「日本のお笑い芸人は終わっている」という持論。中田は4月15日に更新したブログで、茂木氏の主張に賛同。そのうえで、茂木氏の主張を批判した複数のお笑い芸人についても、「メジャーな先輩方が全員反対派だったので、がっかりしてしまいました」などと言及していた。

 経緯を説明したうえで、中田は「暗に松本人志さんを批判するブログを書いたところ、吉本が全社をあげて大騒ぎし、幹部と社長に、いま僕は『謝れ』と言われている」と現状を説明。しかし、「ただ、僕の意思としては『謝らない』」、「そういうワケで、僕も覚悟をもってやってますんで」と松本に謝罪する意思がないことを宣言した。

 中田の発言を受け、茂木氏は29日昼に更新した自身のツイッターで、「私の表現不足で、中田さんにご迷惑をおかけしてもうしわけないです。中田さんに対しては、今でも感謝しています。最後に一言。『笑いは自由だ!』」とつづった。

 「すでに茂木氏の発言は3月中に松本がコメンテーターを務める『ワイドナショー』(フジテレビ)で取り上げられ、茂木氏が出演して謝罪。ところが、ここに来て再燃しただけに、次回の同番組では松本と中田の“直接対決”が期待される」(テレビ関係者)

 「ワイドナショー」といえば、28日の放送で、スタジオジブリ・宮崎駿監督が過去に発言したとされる「引退宣言」をまとめたフリップが誤用だったとして、同番組のホームページで29日に謝罪。

 本来、あってはならない不祥事だが、松本vs中田のバトルにかすんでしまいそうだ。

最終更新:5/30(火) 11:53
リアルライブ