ここから本文です

【Krush】平岡琴の要望を受けて女子-45kg王座新設へ

5/30(火) 16:11配信

イーファイト

 5月28日(日)東京・後楽園ホールにて開催された『Krush.76』の一夜明け会見が、29日(月)都内で行われた。第3試合のKrush女子-45kg Fightで女子キック8冠王Little Tigerに、プロ6戦目で勝利を収めた平岡琴(K-1 GYM YOKOHAMA TEAM TORNADO)が出席。

【フォト】KANAとデビュー戦で対戦してKO負けした平岡

 試合を振り返って平岡は、「Little Tiger選手はローキックが強かった。今までは、空手時代(2014年極真会館全日本女子ウェイト制空手道選手権大会軽量級優勝)も含めてローを痛いと感じたことはなかったんですが、初めて痛いと感じて正直ヤバいなとビビってしまいました。でも、弱さを見せたら終わりだと思い、敢えて空手精神で突進して相手の攻撃を潰しましたました」と勝因を分析した。

 また自身の攻撃ではパンチが苦手だったというが、この日は右パンチが当たって自信になったという。続けて「女子の45kg級にもベルトを作って欲しい」と隣に座る宮田プロデューサーに直談判すると「今日の試合を見て、お客さんの盛り上がりが凄かった。選手の目標にもなるし、作りましょう」とその場で快諾。

 さっそくの朗報に「絶対チャンピオンになりたいです。しかも、最短の道のりでなってみせます」と、平岡はベルト獲得への意欲を見せた。

最終更新:5/30(火) 16:11
イーファイト