ここから本文です

改正個人情報保護法、5月30日全面施行。中小のWeb担当者が知っておくべきことまとめ

5/30(火) 11:06配信

Web担当者Forum

今日は、法律のお話しを。2017年5月30日に、改正個人情報保護法が全面施行されます。いままで除外されていた中小企業もすべて法律の対象となります。念のために、法律の変更点や注意点を確認しておきましょう。

 

5月30日施行の改正個人情報保護法で知っておくべきこと

■ 保有個人データ5000件以下の会社も対象に。個人やNPOも

これまでの個人情報保護法では、保有している個人情報が5000人分以下の事業者(小規模取扱事業者)には適用されませんでした。しかし、5月30日以後は、小規模取扱事業者であっても個人情報保護法が適用されます。

つまり、「うちは扱う個人情報が少ないので、対象じゃないんです」という言い訳が、あらゆる企業や組織で使えなくなくなります。

Webからの問い合わせ・資料請求をリード獲得やリードナーチャリングのために使っている場合や、リード獲得のセミナーを開催している場合など、「個人情報データベース等を事業の用に供している」わけですからね。

となると、顧客は御社がこの法律を守っていることを期待しますし、守らなければ罰せられる可能性があります。

また、個人事業主やNPO・自治会などの非営利組織であっても「個人情報取扱事業者」に当たりますので、注意が必要です。


ちなみに、この記事は、改正でどんな点が変わったのかをざっくり解説しているだけですので、個人情報保護法の基本からぜんぶ解説しているわけではありません。

そのため、これまで個人情報取扱事業者ではなかった規模の方は、ここに示したもの以外にも、個人情報保護の基本を理解しておく必要あります。ですので、そのあたりを解説した書籍を読んで理解しておくことをおすすめします。


■ 個人情報の種類が3種類に

法が対象とする「個人情報」の定義が明確にされ、次の3種類の個人情報が定められています。


・個人情報

住所・氏名・生年月日・性別などの、特定の個人を識別できるもの

1/2ページ

最終更新:5/30(火) 11:06
Web担当者Forum