ここから本文です

赤城山「ツツジ」閉鎖中の牧場開放へ 動物しか見たことがない景色 /群馬

5/30(火) 8:05配信

みんなの経済新聞ネットワーク

 ツツジのシーズンを迎える赤城山で6月5日から、閉鎖中の牧場「白樺牧場」(前橋市富士見町)を解放する散策ツアー「赤城白樺牧場ツツジ散策ツアー」が開催される。(高崎前橋経済新聞)

【写真】赤城山覚満渕のレンゲツツジ

 白樺牧場は管理者が高齢になったため2015年から放牧を止め、閉鎖されている。95ヘクタールの敷地はレンゲツツジ、ヤマツツジ,ミツバツツジなどの群生地で、その数約10万株。

 散策ツアーは赤城山頂の観光振興を目的とした市民団体「AKAGIやる気塾」が企画した。行程は約3キロメートル。これまで、動物しか見たことのない景色が楽しめる。

 開催時間は10時~12時。12時から昼食、13時ごろ解散となる。参加費は1人3,000円(昼食込み)。定員は各回10人。最小催行人数は各回1人。参加には事前申し込みが必要。

 開催日は以下の通りで、日程毎に予約先が異なる。6月5・9・15・20・23日は青木別館(TEL 027-287-8106)、6月6・12・16・21日はトレッカーズ・カフェ(TEL 027-287-8008)、6月7・13・19・22日はバンディ塩原(TEL 027-287-8200)。

 日程はツツジの開花状況により変更される場合がある。

みんなの経済新聞ネットワーク

Yahoo!ニュースからのお知らせ