ここから本文です

【タイ】PTT、給油所内のホテル運営計画を再始動

5/30(火) 11:30配信

NNA

 タイ国営石油PTTは、給油所の敷地内で格安ホテルを運営する計画を再始動する。昨年半ばに格安ホテルの運営計画を打ち出したが、需要が不透明として昨年末にパートナー探しの交渉を中断していた。29日付クルンテープ・トゥラキットが報じた。
 給油所内に70室規模の格安ホテルを建設する。宿泊料金は1泊700バーツ(約2,300円)程度に設定する。
 同計画には、流通大手セントラル、CPランド、エラワン・グループ、チャワラー・チェンマイ・グループなど多くの企業が関心を示している。PTTは今後、本格的な提携交渉に入り、1社を選定する方針だ。
 給油所内の小売店の出店も強化する。既に自社ブランドのコーヒーショップ「カフェ・アマゾン」やミルクティーの販売店、コンビニなどを展開しており、今後は他社ブランドのフランチャイズ(FC)展開も加速する。米フライドチキンチェーン「テキサス・チキン」は現在11カ所に出店しており、年内に20店とする計画。先ごろFC権を取得したレストラン「和成豊(Hua Seng Hong)」は既に20店を開設済みで、向こう5年以内に200カ所に出店する。

最終更新:5/30(火) 11:30
NNA