ここから本文です

たけし 19連勝の天才棋士・藤井四段に挑戦状!

5/30(火) 11:00配信

東スポWeb

【ビートたけし本紙客員編集長の世相斬り】デビューから公式戦19連勝の天才棋士・藤井聡太四段(14)に対し、ビートたけし本紙客員編集長(70)が「オレが3番勝負をやってやる」と挑戦状を叩きつけた! ただ普通にやっては勝負にならないため「オレのルールで」と条件付きだが、そのルールとは――。

 将棋の藤井四段は強いな~。14歳なのに、19連勝だもん。オレ、羽生善治三冠と2回やったことがあるんだ。最初、平手でやったらすぐ負けたから、羽生に「最初の駒組みをこっちで作っていいか?」って言って、王を端っこの香車があるところに置いて、周りを金とか銀とか歩で囲んだんだ。それで羽生は角と飛車だけでやったんだけど、5分で負けちゃった(笑い)。

 羽生には「将棋の最初は、あのルール通りに並べるのが一番強いんですよ。攻めも守りも利きますから。たけしさんの布陣は、最初からせっちん詰めになってるだけです」って言われたよ。

 加藤一二三・九段ともやったけど、やっぱり強いよ。飛車角抜きでやっても負けて、飛車角金銀抜きでやっと勝ったからね。

 でも今度、オレが藤井とやってやろうと思ってんだ。3回戦で、どれくらい強いか見てみようと思ってさ。

 まずは普通に戦って、当然すぐ負けるよな。そしたら次は、オレのルールでやってやる。どんなルールでやろうかな? オレの方だけ王を2枚にするとか、角と飛車を2枚ずつ持つとか。あと歩の代わりに全部金銀にするとか。あらゆる方法でやってやるよ。

 将棋の強い人って、パッと盤を見て絵が浮かぶらしいんだ。それから羽生くらい強いヤツが新人とやると、5手目くらいで「ああそう来たか。終わっちゃうね」って、ニヤッと笑ってトイレに行く。そうすると相手は悩んじゃうんだって。「次はこう指そう」と思ってたのに、「この手は見破られてるんじゃないか?」と思って別の手を指したりして、自滅していく。将棋は心理戦だからね。

 藤井は今、19連勝してる。これまでの将棋の連勝記録は28連勝。抜けるかな? まあ相手にもよるだろうけどね。でもやっぱり、子供のころからやってるヤツにはかなわないよ。ゴルフでもそうだけど、ガキのころからやってるヤツは体で覚えてるから。いくらこっちがコーチ付けて頭で理解しようとしても、体で覚えてるヤツには勝てないよ。

最終更新:5/30(火) 11:16
東スポWeb