ここから本文です

(ニュースQ3)慶応新塾長、学内投票2位で就任に波紋

5/30(火) 7:30配信 有料

朝日新聞デジタル

 学校法人「慶応義塾」(東京都港区)の新塾長に28日、長谷山彰・前常任理事(64)が就任した。学内投票では2位だったが、その後の選考で「逆転」。異例の展開に学内から「不透明」と批判も出る。どのような選考だったのか。

 ■1位に前任批判票
 4月20日、港区の慶応大で学内の最高意思決定機関である評議員会が開かれた。東証1部上場企業の経営者や学部長ら約70人が参加。複数の出席者によると、議長の岩沙弘道氏(三井不動産会長)が次期塾長候補として長谷山氏を諮ると、承認の拍手と「異議あり」との声が交錯した。
 慶応の塾長選考では、大学の10学部と「系列校」「職員」の計12部門がそれぞれ候補者を推薦する。……本文:2,437文字 この記事の続きをお読みいただくには、朝日新聞デジタルselect on Yahoo!ニュースの購入が必要です。

  • 通常価格:
    390円/月(初月無料)
  • 会員価格会員価格:
    324円/月(初月無料)

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上、ご購入ください。

Yahoo!プレミアム会員登録はこちら(月額498円)

朝日新聞社