ここから本文です

【巨人】“交流戦男”村田「結果出します」

5/30(火) 6:04配信

スポーツ報知

 村田修一内野手(36)は、今季は主に代打で26試合の出場にとどまっているが、交流戦の通算打率は2割7分8厘で、52本塁打、160打点はともに歴代3位。“交流戦男”は「やり返す気持ちしかない」と逆襲を誓った。

【写真】先発の菅野は明るい表情でキャッチボール

 コボパークでの練習を終えた村田は、30日から始まる楽天戦に向けて戦闘態勢に入った。

 「明日出ますよ。結果を出します!」

 短い言葉ながら、決意を口にした表情は引き締まっていた。今季はマギーの加入もあり、主に代打で26試合に出場。打率1割7分5厘、1本塁打、4打点と思うような数字を残せていない。ベンチを温めるだけの日もあるが、それでも男の目は死んでいなかった。

 「欠かせない選手というのはいつでも出てる。これからでもそういう選手にならないといけない。このままじゃ終われない。やり返す気持ちしかない」

 横浜時代を含め、交流戦は通算で打率2割7分8厘。52本塁打、160打点はともに歴代3位だ。14年には打率3割1分5厘、3本塁打、18打点を記録し交流戦優勝の立役者となった。DHが使えるビジターであれば打席数も増えるため、ここからの逆襲を約束した。

 「これまでスタメンでは5試合に出ましたけど、内容が良い日もあれば、悪い日もあった。交流戦ではビジターなら3試合とも出られる可能性もありますし、3試合トータルで結果を残せるようにしっかり準備したい」

 男・村田が鬱憤(うっぷん)を晴らす時は来た。

最終更新:5/30(火) 20:51
スポーツ報知

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合6/28(水) 21:40