ここから本文です

宮里優作、藍の引退会見は「見ていてすがすがしかった」

5/30(火) 15:52配信

ゴルフ情報ALBA.Net

<日本ゴルフツアー選手権 森ビルカップ Shishido Hills 事前情報◇30日◇宍戸ヒルズカントリークラブ(7,384ヤード・パー71)>

【関連動画】宮里藍引退会見インタビュー

茨城県にある宍戸ヒルズカントリークラブを舞台に行われる今季メジャー第2戦「日本ゴルフツアー選手権 森ビルカップ Shishido Hills」。開幕を2日後に控えた30日(火)、宮里優作が練習ラウンドを行った。

先週は月曜日44ホールに及んだ「全米オープン」予選から「~全英への道~ミズノオープン」とハードなスケジュールとなっていた宮里。今日は「体力温存で。プロアマもあるので」と9ホールのみにとどめた。「月曜日1日だけでは疲労は撮れないですね。難しい。1週間欲しいです」と苦笑いも、「ショットは今日も回った感じ火曜日にしては良い感じ。変える必要はないですね」とゴルフの状態は良い。

昨日は妹の宮里藍が引退表明会見を行った。優作は「半分は見られました」と生放送で妹の晴れ舞台を見守ったという。「緊張したと思う。でも理路整然と自分の伝えたいことを言えていたと思う。記者さんからありがたい質問が多くて。ゴルフをよく知っている方の質問が多かった。その辺りは宮里藍のこれまでやってきたことかな。いい雰囲気を作ったのは彼女の力。見ていてすがすがしかったです」。

話した内容については「大体予想通りというか、ずっと家族では話し合っていることだったので。どうやってモチベーションを上げて行ったらいいかと、親父とも話し合っていたことでした。大分前からモチベーションは落ちていましたから。彼女は気持ちで戦うタイプなので、武器がなくなったというか」とコメントした。

藍は今後について「具体的には決まっていないのが現状です。すべての試合が終わったらゆっくり決めたい」と話したが、優作もこれに同調する。「決めないところが藍ちゃんらしいというか(笑)彼女なりになんか考えていると思う。彼女の人生ですからどうするかは彼女が決めること。僕らはそれを応援するだけです」。

ただ1つだけお願いがあるようで、「最後の試合がアメリカなのか日本なのかはっきりさせてほしいね。僕らが観に行くかどうかあるから(笑)」と白い歯をこぼした。

(撮影:ALBA)<ゴルフ情報ALBA.Net>