ここから本文です

アトレティコMFサウール、グリエズマンの残留を望みながら「代わりはいる」

5/30(火) 13:29配信

GOAL

アトレティコ・マドリーに所属するスペイン代表MFサウールは、エースFWのアントワーヌ・グリエズマンの残留を望みながら、重要なのはチームだとした。スペイン『マルカ』が報じている。

グリエズマンは今夏の移籍市場を最も賑わせる選手の一人だ。マンチェスター・ユナイテッドが獲得に興味を示しているとされ、移籍に関するグリエズマンの二転三転するコメントにも注目が集まっている。しかし、サウールはアトレティコにはグリエズマンの代わりを務められる選手がいると主張した。

「最終的に、将来を決められるのは彼次第だ。彼は我々とともにいるし、プレシーズンでも待つよ。最後に決めるのは彼だけどね。ただ、グリエズマンがいなくなったとしても、僕らには(フェルナンド)トーレス、(ケヴィン)ガメイロ、(アンヘル)コレア、(ヤニック・フェレイラ)カラスコがいる」

「とても重要な選手だし、クオリティはわかっている。でも最も重要なのは選手の誰でもなく、クラブそのものなんだ」

過去にアトレティコはセルヒオ・アグエロ、ダビド・デ・ヘア、ティボー・クルトゥワ、ジエゴ・コスタといったスター選手を放出してきたが、そのたびに新たな選手が台頭し、穴を埋めている。

GOAL

最終更新:5/30(火) 13:29
GOAL

スポーツナビ サッカー情報