ここから本文です

千葉雄大×大杉漣、FF14ドラマ「光のお父さん」“特別編”配信へ

5/30(火) 17:00配信

cinemacafe.net

現在、「Netflix」にて配信中のドラマ「ファイナルファンタジーXIV 光のお父さん」。この度、6月1日(木)に配信される最終回に合わせて、同日より“特別編”が「Netflix」で独占配信されることが決定。また、最終回と特別編がさらに気になる内容の予告編も到着した。

【画像】FF14ドラマ「光のお父さん」

様々なジャンルのオンラインゲームやプラモデルなどを題材とするブログ「一撃確殺SS日記」が原作の本作。「光のお父さん」は、そのブログの記事のひとつで、作者と父を巡る実話をベースとしたこの記事が話題を呼び、ゲーム内でのインタビューや、最終回は大手ネットニュースなどに記事が掲載され大きく拡散。ブログをリライトした書籍も刊行されている。

ドラマは、突然仕事を辞めた父親と、ゲームを通して交流を深めようとする主人公・光生の親子を巡るストーリー。主人公・光生役を千葉雄大、その父・博太郎を大杉漣が演じるほか、馬場ふみか、袴田吉彦、長谷川初範、石野真子が出演。さらに、ゲーム内のキャラクターの声を声優の南條愛乃、寿美菜子、悠木碧が担当している。

そして、今回配信が決定したのは、地上波では放送されない、「Netflix」でしか見られないゲームパートをメインとした特別編。ブログ「一撃確殺SS日記」の実話をベースにしたオリジナルストーリーとなっており、本編ではフォーカスされなかった、光生が操るキャラ・マイディが所属するチームにいる1組のカップルの物語が描かれる。

光生操るマイディ(声:南條愛乃)が所属するフリーカンパニーには、あるちゃん(声:寿美菜子)とゆっきーという、現実では夫婦のカップルがいる。しかし、実際はゆっきーが海外に単身赴任中のため、ゲームの中でしか会うことができない。しかも2人は結婚式も上げたことがないと知り、光生は父・博太郎らとともに、「ファイナルファンタジーXIV」の中の結婚式イベントともいわれる「エターナルバンド」を開催しようと準備する。いざ、当日を迎えたが、そこにはゆっきーの姿がない。落ち込むあるちゃんを見て、一同は2人の思い出の場所を巡りながらゆっきーの姿を探すが見当たらず。しかし、一つだけ探していない場所があったことに気づく一同。そこには、光生も知らないサプライズが待っていて…!? という物語だ。

この特別編では、ゲーム内シーンをメインに構成されているのだが、もちろん千葉さんの出演する実写パートや、本編ではお父さん役を演じている大杉さんがインディ役で声優として出演しているシーンも登場。本編で登場するマイディ、あるちゃん、きりんちゃんが特別編でも大活躍するほか、若手声優の湯浅かえでや村田大志も登場する。

解禁された予告編では、親子の絆を取り戻そうと奔走する光生とマイディ、そして徐々に素顔をのぞかせてくる父・博太郎とインディの姿が。ゲームの中で仲間たちと過ごし、一緒に敵を倒し、様々な問題を乗り越えていく壮大な親孝行計画は、果たして無事に成功するのか!? 最終回と特別編がますます気になる映像となっている。


ドラマ「ファイナルファンタジーXIV 光のお父さん」はNetflixにて独占配信中。※特別編は6月1日(木)よりNetflixにて独占配信。

最終更新:5/30(火) 17:00
cinemacafe.net