ここから本文です

大ケガ乗り越えたストロートマン、ローマと22年まで契約延長

5/30(火) 8:58配信

ISM

 ローマ(イタリア)は現地時間29日(以下現地時間)、MFケヴィン・ストロートマン(27)と新たに5年契約を締結し、2022年まで延長したことを発表した。クラブ公式HPが伝えている。

 ストロートマンは2013年にPSV(オランダ)から加わると、すぐに中盤のレギュラーポジションを確保。しかし、2014年にひざに重傷を負い、その後遺症もあってその後2年の大半を棒に振った。

 それでも、今季は復活しセリエA33試合に出場し、4得点8アシストの活躍でローマのチャンピオンズリーグ出場権獲得に貢献。公式戦全体では45試合でピッチに立った。

 ストロートマンは契約延長に際し、クラブ公式HPで「僕にとって特別なこと」「ここで何かを勝ち取りたいと強く思っている。そのためにすべてを捧げるつもりだ。負傷中、このクラブの誰もが僕を支えてくれた。それも、喜んでここに残りたいと思う理由の1つだ」と述べている。

最終更新:5/30(火) 8:58
ISM