ここから本文です

ロイス、初タイトルも再び負傷 じん帯部分断裂で数カ月の離脱

5/30(火) 11:58配信

ISM

 ドルトムント(ドイツ)は現地時間29日(以下現地時間)、MFマルコ・ロイスが右ひざ前十字じん帯の部分損傷により、数カ月の離脱となることを発表した。

 ロイスは27日に行なわれた、フランクフルトとのドイツカップ決勝で負傷。チームは優勝を果たし、ロイスはキャリア初の主要タイトルを獲得したが、負傷に悩まされたシーズンの最後に再び重傷を負うことになった。

 クラブは「今後数日のうちに再検査を行ない、必要な治療方針を決めていく」とし、具体的な離脱期間については定めないと述べている。(STATS-AP)

最終更新:5/30(火) 11:59
ISM