ここから本文です

「パワーレンジャー」俳優の殺害計画を防ぐ SNS投稿で通報・逮捕

5/30(火) 15:50配信

シネマトゥデイ

 戦隊ヒーロードラマ「パワーレンジャー」で初代グリーン・レンジャーを演じたジェイソン・デヴィッド・フランクの殺害計画が、未然に防がれたとazcentral.comなどが報じた。

ハリウッド版スーパー戦隊が変身!7月に公開される劇場版『パワーレンジャー』予告編

 犯人が逮捕されたのは、米アリゾナ州フェニックスで開催されたコミックコンベンション(コミコン)の会場。ザ・パニッシャーの格好をしたマシュー・スターリングは、45口径を含む拳銃3丁、ショットガン、コンバットナイフ、ペッパースプレー、手裏剣などを所持しており、銃はすべて装弾されていたという。

 逮捕のきっかけになったのは、彼から事件を起こすことをTwitterで知らされたレイコ・ディグからの通報だったそう。ロサンゼルスを拠点に歌手活動を行っている彼女は、2014年にマシューと一度だけしか会っていないが、その後もSNSでつながっていたという。

 マシューは、コミコンで警察と銃撃戦を繰り広げる予定のほか、グリーン・レンジャーを殺す計画などをツイートし、彼女にターゲットとなる人物や武器の写真を何枚も送ったそう。口先だけではないと感じたレイコはカリフォルニア州の知人の警察官に連絡し、彼がフェニックス警察に通報。その11分後には、コミコンの会場でプログラムを見ていたマシューが逮捕されている。

 ジェイソンは「レイコ、警察に連絡してくれてありがとう! 僕らみんなを救ってくれたヒーローだ!」とFacebookでレイコに感謝。捕まった犯人については「面識はないが、彼のために祈っているよ」と Fox News のインタビューでコメントしている。(澤田理沙)

最終更新:5/30(火) 15:50
シネマトゥデイ