ここから本文です

ハダースフィールドが45年ぶりの1部昇格、プレミア初挑戦へ

5/30(火) 16:07配信

ISM

 イングランド・リーグチャンピオンシップ(2部相当)は現地時間29日に昇格プレーオフ決勝が行なわれ、ハダースフィールドがPK戦の末にレディングを4対3と下し、45年ぶりとなる1部昇格を決めた。

 試合はスコアレスのまま延長戦を含めた120分間が終了。ドイツ生まれのアメリカ人指揮官ワグナー監督率いるハダースフィールドは、シンドラーが最後のPKを成功させて勝負を決めた。

 1924年から1部リーグ3連覇を成し遂げた歴史も持つハダースフィールドだが、最後にトップリーグで戦ったのは1972年。プレミアリーグには来季が初挑戦となる。

 プレミアリーグでは巨額の放映権料や賞金による収入が保証され、ハダースフィールドにとって今回の昇格は最低でも1億7000万ポンド(約241億円)の価値を持つ。(STATS-AP)

最終更新:5/30(火) 16:08
ISM