ここから本文です

たまプラ3丁目カフェでソーセージ作り体験 横浜マイスターが作り方伝授 /神奈川

5/30(火) 11:30配信

みんなの経済新聞ネットワーク

 東急田園都市線たまプラーザ駅近くのコミュニティーカフェ「3丁目カフェ」(横浜市青葉区美しが丘1、TEL 045-516-8037)で6月13日、ソーセージづくり教室が開講する。(港北経済新聞)

 地域のさまざまなプロフェッショナルを招いた講座やライブイベントを展開している同カフェ。昨年から、手作りハムとソーセージを提供する「シュタットシンケン」(青葉区青葉台1)の中山一郎さんを講師に迎え「ソーセージづくり教室」を開講してきた。

 中山さんは横浜市内の優れた技能職者を認定する「横浜マイスター」の称号をもつ食肉加工職人。3回目の開講を迎える今回は、中山さん指導の下、約500グラムのソーセージづくりに挑戦する。

 同店の大野承オーナーは「さまざまな食の文化も提案していきたいと考えている当カフェ。横浜マイスターにして神奈川の名工でもある中山さんが今回も気さくに教えてくれる。こうしたチャンスはめったにないので、ご参加いただけたら」と話す。

 開催時間は10時30分~13時。参加費3,000円(約500グラムのソーセージ持ち帰りとワンドリンク付き)。要予約。

みんなの経済新聞ネットワーク