ここから本文です

FFのゲーム画面がメインに!「光のお父さん」特別編がNetflixで配信へ

5/30(火) 20:04配信

シネマトゥデイ

 人気オンラインゲームの「ファイナルファンタジーXIV」にまつわる実話をベースにしたドラマ「ファイナルファンタジーXIV 光のお父さん」の特別編の配信が、6月1日よりNetflixで開始することが明らかになった。Netflix配信限定作品となる特別編は、ドラマの主軸となっていた主人公・光生(千葉雄大)や父親(大杉漣)が登場する実写パートよりも、ゲームパートをメインとした構成になるという。

【画像】ドラマ「ファイナルファンタジーXIV 光のお父さん」を詳しく…劇中ショット

 ドラマ「光のお父さん」は、「ファイナルファンタジー」(以下、FF)シリーズのナンバリングタイトルのゲーム体験を、現実世界のプレイヤーを通して描いた作品。原作は、実の息子であることを隠してゲーム上で父親に接触したプレイヤーのブログ「一撃確殺SS日記」で、劇中では千葉が息子、大杉がその父親を演じている。

 特別編のメインとなるのは、一組の夫婦「あるちゃん&ゆっきー」。現実世界で夫婦の二人は、ゆっきーが海外に単身赴任しているため、ゲームの中でしか会うことができない。しかも結婚式を挙げたこともないという。そんな彼らの事情を知った光生らプレイヤー仲間は、ゲーム上の結婚式イベントともいわれている「エターナルバンド」を開催しようと奔走する。

 特別編はゲーム内シーンをメインに構成しつつも、千葉が出演する実写パートや、大杉がインディ役で声優として出演しているシーンなども入っているとのこと。また本編に声優出演していた南條愛乃や寿美菜子、悠木碧らが引き続き特別編でも活躍するほか、新たに若手声優の湯浅かえでや村田大志が起用。なお「光のお父さん」は、現在日本国内に限りMBS・TBS等で放送された内容がNetflixで配信されているが、今秋には世界190か国での配信も予定しているという。(編集部・井本早紀)

最終更新:5/30(火) 20:04
シネマトゥデイ