ここから本文です

英世論調査、与党保守党のリードがさらに縮小

5/30(火) 8:50配信

ロイター

[ロンドン 29日 ロイター] - 調査会社サーベーションによる最新の世論調査で、メイ首相率いる与党保守党の野党労働党に対する支持率のリードが6ポイントとなり、1週間前の9ポイントから縮小した。

総選挙が6月8日に迫るなか、保守党の支持率は43%となった一方で、労働党の支持率は3%ポイント上昇し、37%となった。

調査は英テレビ番組「グッドモーニング・ブリテン」の委託で1009人を対象に実施された。政府が高齢者の負担増を選挙公約に掲げ、中部マンチェスターで自爆攻撃が発生した後の26─27日に行われた。

メイ氏が首相として最も適任だとの回答は半数をやや上回った。一方、労働党のコービン党首への支持は30%だった。

*内容を追加し写真を付け、カテゴリーを変更します。

最終更新:5/30(火) 8:50
ロイター