ここから本文です

宮川大助が夫婦漫才で復帰 感染症で再手術受けたことを告白

5/30(火) 16:17配信

東スポWeb

 腰部脊柱管狭窄症(ようぶせきちゅうかんきょうさくしょう)のため休養していた夫婦漫才コンビ「宮川大助・花子」の大助(66)が30日、大阪市のなんばグランド花月の舞台で3か月ぶりに復帰した。

 2月28日に入院し、3月2日に背中を約25センチ切開する手術を受けた。入院前の症状について「数年前から腰痛があったが、腰から下がまひしていって、お尻や股間を触っても感覚がなくなっていた。漫才の舞台で10分も立っていたら冷や汗をかいて…」と明かした。

 病院で診察を受けたところ「(症状は)5段階中“6段階目”くらい。もう少し遅かったら寝たきり状態になっていたと先生に言われました」というほど重症だった。術後には感染症にかかり再手術を受け、一昨日に退院。経過は順調で、コルセットを装着しリハビリに励んでいるという。

 休養中は、妻・花子(61)が1人で仕事をこなし支えたといい、大助は「(花子は)肝っ玉母ちゃんというか、『いざとなったら私に任せなさい』という感じ。母ちゃん、ありがとう」と感謝した。

 コンビとして3か月ぶりの仕事となったこの日の舞台では、入院ネタを中心に息の合った漫才を披露。大助は「大助花子は今が旬。新人賞レースで絶対勝つぞといった感じの気持ちです」と復活を宣言した。

最終更新:5/30(火) 16:17
東スポWeb

Yahoo!ニュースからのお知らせ