ここから本文です

au 2017年夏モデル発表 ホームIoTサービスも開始

5/30(火) 10:04配信

ITmedia Mobile

 KDDIが5月30日、2017年夏商戦向けの新商品や新サービスを発表した。

 新商品は、発表済みの「Galaxy S8」「Galaxy S8+」「Xperia XZs」に、スマートフォン「AQUOS R」「HTC U11」「TORQUE G03」「Qua phone QX」と、4G LTEケータイ「MARVERA」「かんたんケータイ」を加えた計9機種。5月~8月にかけて順次発売する。

【ケータイも】

 スペックの高いフラグシップスマートフォンは、Galaxy S8/S8+、Xperia XZs、AQUOS R、HTC U11となる。なお、ドコモが発売する「Xperia XZ Premium」は、KDDIはでは取り扱わない。

 Galaxy S8/S8+とAQUOS Rは、4G LTE(2GHz帯)の150MbpsとWiMAX 2+の440Mbpsのネットワークを組み合わせる「キャリアアグリゲーション」を活用することで、下り最大590Mbpsを実現する。HTC U11も対応バンドとプロセッサは590Mbpsに対応しているが、「ハードウェアの構成上」(KDDI)、最大速度は558Mbpsにとどまる。

 他キャリアが扱わないau独自のタフネススマホとして、京セラ製のTORQUE G03を投入する。今回は耐衝撃性能がさらに向上し、カメラ機能やアウトドアアプリも充実させた。Qua phone QXは、通話機能を改善し、電源キーを本体正面に配置するなど、スマホ初心者に配慮した。

 サービス面では、IoTサービス「au HOME」を、「auひかり」の契約者向けに7月下旬以降に提供する。auひかりのホームゲートウェイに専用アダプターを装着し、スマホアプリを活用することで、スマホからIoTデバイスが操作可能になる。カギの開閉を確認する、ネットワークカメラでペットを見守る、マルチセンサーで子どもの帰宅を確認する、家電ごとに電力を確認する、といった使い方が可能。月額基本料金(税別490円)の他、デバイスごと別途機器代金がかかる。

最終更新:5/30(火) 10:04
ITmedia Mobile