ここから本文です

正面に電源ボタンを配置した「Qua Phone QX」 電話機能に重点

5/30(火) 10:35配信

ITmedia Mobile

 KDDIは5月30日、2017年夏モデルとして京セラ製のスマートフォン「Qua Phone QX」を7月中旬に発売することを発表した。

【実機画像】

 Qua Phone QXは、同じ電話番号から10分以内に2回以上の不在着信を受けるとバイブの振動時間が長くなる、画面を見るまで繰り返しバイブでユーザーに通知するなど、電話の着信をユーザーに分かりやすく伝える機能を持つ。画面全体で音を伝える「スマートソニックレシーバー」により耳をどこに当ててもクリアな音声で通話できるとする。電話アプリのUIも見直しを行った。着信時の「拒否」の文言を「電話に出ない」に変える、同一の相手からの着信履歴をまとめず着信の時間感覚を分かるようにするなど、より多くのユーザーにアプリの機能が分かりやすいよう変更した。

 また、画面正面に電源ボタンを配置することで、画面消灯時に手を持ち替えて側面に指を持っていく必要がないとする。

 Qua Phone QXのディスプレイは約5.0型のHD(1280×720ピクセル)液晶。OSはAndroid 7.1で、メインメモリは2GB、内蔵ストレージは16GB。バッテリー容量は2600mAhで、急速充電機能(QuickCharge)は2.0に対応。IPX5/8の防水性能、IP5Xの防塵(じん)性能、おサイフケータイ(FeliCaのみ、NFC非対応)に対応する。通信速度は下り最大150Mbps、上り最大25Mbps。よりクリアな音声通話が可能な「VoLTE」もサポートしている。アウトカメラの画素数は約1300万画素、インカメラは約500万画素。

最終更新:5/30(火) 17:45
ITmedia Mobile