ここから本文です

IoTサービス「au HOME」7月下旬以降に開始 窓・鍵の開閉確認や家族・ペットの見守りなど

5/30(火) 10:57配信

ITmedia Mobile

 KDDIが、家庭内のIoTサービス「au HOME」を7月下旬以降に提供する。

 対象となるのは固定回線の「auひかり」ユーザー。auひかりのホームゲートウェイにアダプターを装着すると、アダプターが無線通信(Z-WAVE)を介してIoTデバイスと通信が可能になり、スマートフォンからサーバにアクセスして、ネットワークカメラで会話をしたり、センサーが取得した情報を閲覧したりできるようになる。

【ネットワークで子どもと会話のデモ】

 なお「ホームゲートウェイ側のソフトウェアを変える必要がある」(KDDI)ため、auひかりのみとなったが、他の固定回線にも順次拡大する予定。

 IoTデバイスとの連携はスマートフォン向けの「au HOME」アプリから行う。au HOMEアプリはApp StoreやGoogle Playで配信されるので、auひかりを契約していれば、他キャリアのユーザーでも利用できる。

 基本料金は月額490円(税別、以下同)で、その他はサービスごとに機器代金が発生する。デバイスはau WALLET Marketから購入できる。さらに、おすすめのauHOMEデバイスをセットで利用すると、基本使用料の490円+機器代(分割払い)を含めた月額980円で利用できる、セットプランも提供する。IoTデバイスを自分で設置するのが不安という人に向けて、訪問設置サポートを有償で提供する。

 現在提供予定のデバイスは、窓の開閉状況が分かる「開閉センサー」(3000円)、自宅の鍵がいつ施錠されたかを確認できる「鍵 開閉センサー」(3000円)、ペットの様子を確認したり自宅の家族と電話したりできる「ネットワークカメラ」(1万800円)、ドアなどに付けて子どもが帰宅したことが分かる「マルチセンサー」(3800円か5300円)など。

 2017年秋からは、家電ごとの電力使用量が分かる「スマートプラグ」、家電をスマホから操作できる「赤外線リモコン」の提供も予定している。

 KDDIは「家での生活体験を高める」ことを、本サービスの目標に掲げている。また、Googleの音声エージェントサービス「Google Assistant」との連携も予定している。

最終更新:5/30(火) 18:56
ITmedia Mobile