ここから本文です

藍、最後の挑戦4か月「海外メジャーまだ諦めてない」

5/30(火) 5:52配信

スポーツ報知

 女子プロゴルフの日米ツアー通算24勝の宮里藍(31)=サントリー=が29日、東京・新宿区の京王プラザホテルで会見し、今季限りでの現役引退を表明した。モチベーション維持の難しさを引退理由に挙げる一方、次戦のサントリーレディス(6月8~11日・六甲国際GC)を含め、日米の試合で「最後に勝って終わりたい」と有終Vを宣言した。1977年の全米女子プロの樋口久子以来、日本女子2人目の海外メジャー制覇も諦めない。

【写真】ライバルで親友の横峯さくら、思い出語る

 晴れやかな笑顔が一変した。約45分に及んだ会見の最後のあいさつ。自分でコーディネートしたベージュと黒のドレスに身を包んだ藍は突然、涙をこぼした。「約15年間、プロとしてプレーしてきて本当に…すみません…たくさんの方々にサポートしていただいて、引き際の寂しさは一切なく、感謝の気持ちを持ってプレーできるのはうれしく思っています。幸せな選手だったと感謝しています」

 冒頭では「昨夏頃から、今年いっぱいで現役を引退する決意を固めていた」と告白。クラブを置く理由については「モチベーションの維持が難しくなったのが一番の決め手。4、5年前から難しいと感じていた。今までやれていた練習ができなくなったり、トレーニングでも自分を追い込めなくなった。プロである以上は結果も残したいし、自分が求めている、理想としている姿がなかったので、こういう形になった」と説明した。

 とはいえ、燃え尽きてはいない。「海外メジャーに出場するチャンスはまだ残っているので、そこはまだ諦めていない。逆に今、今年いっぱいという期間を設けたことで頑張れている。『最後に勝って終わりたい』という気持ちですごくモチベーションがある」。サントリーレディス以降、06年から主戦場とする米女子ツアーに戻り、9月の海外メジャー・エビアン選手権までの4か月間は海外を転戦予定。「まだまだこれから頑張りたい」と意気込む。

 03年9月、東北高3年のアマチュアで初優勝したミヤギテレビ杯ダンロップが思い出。「あの試合なくして今の自分はない」。今年9月の同大会への出場については「まだ決めていない」という。結婚については「ないですね、すみません」と苦笑い。電撃復帰の可能性についても「100%ないと今は思っている。また違った形で恩返しできたら」と否定し、引退後の活動は「具体的にはまだ悩んでいる」と明かさなかった。

 電撃的な引退発表から3日。海外からも含め、日本ゴルフ界の会見では、史上最大規模の約300人を超す報道陣が詰めかけた。テレビカメラ30台。NHKやフジテレビは異例の生中継で国民的ヒロインの引退会見を伝えた。「意志あるところに道はある」が座右の銘。「これからも大事になると思う」。今季からクロスハンドに変え「世界一」と称されたパットが復調しつつある。「今の方が手応えを感じている」というラストシーズン。最後に藍は勝つ。(榎本 友一)

 ◆宮里 藍(みやざと・あい)1985年6月19日、沖縄・国頭郡東村生まれ。31歳。レッスンプロの父・優さんの影響で4歳でゴルフを始め、ジュニア時代から活躍。宮城・東北高3年時の2003年9月のミヤギテレビ杯ダンロップ女子オープンでアマ選手として30年ぶり、国内ツアー史上最年少Vを達成。同年にプロ転向、日本ツアーでは通算15勝。05年はW杯で優勝。06年から米ツアーに本格参戦し9勝。10年には世界ランク1位に。聖志(40)、優作(36)の兄2人もプロゴルファー。155センチ、52キロ。血液型B。

最終更新:5/30(火) 9:23
スポーツ報知