ここから本文です

piyokango氏に総務大臣奨励賞 ブログ「piyolog」で「セキュリティ向上に貢献」

5/30(火) 12:25配信

ITmedia NEWS

 総務省は5月29日、サイバーセキュリティ分野で顕著な功績があった個人や団体を表彰する「サイバーセキュリティに関する総務大臣奨励賞」の初の受賞者として、セキュリティ情報ブログ「piyolog」を運営する「piyokango氏」など個人2人と団体1人を選んだと発表した。6月1日に都内で表彰式を行う。

【受賞者と受賞理由】

 同賞は、地方自治体や民間企業などの現場でサイバーセキュリティ向上の観点から顕著な功績があり、今後も活躍が期待される個人や団体に授与する賞で、今年スタートした。公募や推薦で候補者を募り、選考委員会で受賞者を選んだ。

 初の受賞者となったのは、セキュリティリサーチャーのpiyokango氏と、日立製作所Hitachi Incident Response Teamチーフコーディネーションデザイナーの寺田真敏(まさと)氏、セキュリティコンテスト「SECCON」の実行委員会。

 piyokango氏は、情報漏えい事件などセキュリティインシデントが発生した際、情報を迅速・的確にまとめてブログ「piyolog」で発信しており、「地方自治体や民間企業などのサイバーセキュリティ向上に多大な貢献をしている」と評価された。

 日立の寺田氏は、脆弱性対策情報データベース「JVN」(JP Vendor Status Notes)の立ち上げを主導したほか、セキュリティインシデントに対処する「日本シーサート協議会」運営委員長としてシーサート(CSIRT:セキュリティインシデントの監視や対処)活動を推進した――などの功績が評価されている。

 「SECCON実行委員会」は、国内最大のセキュリティコンテストイベント「SECCON」を開催し、サイバーセキュリティの認知度向上や人材発掘・育成に多大な貢献をしているとして選ばれた。

最終更新:5/30(火) 13:40
ITmedia NEWS

Yahoo!ニュースからのお知らせ