ここから本文です

大阪・本町にトラットリア「RUUUST」 日本産ワインを取りそろえる /大阪

5/30(火) 14:26配信

みんなの経済新聞ネットワーク

 「ホテル・アンドルームス大阪本町」(大阪市西区靱本町1)1階にトラットリア「RUUUST(ルースト)」(TEL 06-6479-3922)がオープンして1カ月がたった。(船場経済新聞)

牛肉のタリアータ

 朝は宿泊者向けの朝食を提供し、昼と夜は宿泊者以外の利用にも対応する同店。

 オペレーションマネージャー兼シェフの片岡大吾さんは「国内のワイナリーに足を運び、インバウンド宿泊客の需要を見据え、近年海外で高く評価されている日本産ワインを取りそろえた。ワインは試飲もできる」と話す。

 料理は、「パンデュース」(中央区淡路町4)のパンなど、地元食材を中心に使ったイタリアンを提供する。

 ショーケースには、ベネツィアでよく見られるというワインのおつまみ「チケッティ」を並べ、さまざまな種類の総菜をリーズナブルな価格で提供する。モッツァレラチーズの中に生クリームと角切りモッツァレラを入れた、イタリア・ブーリア州の珍しいチーズ「ブッラータ」も用意する。

 座席は屋内と半屋外に設け、開放的な空間となっている。片岡さんは「地域とのつながりも店のコンセプトの一つ。近隣の方にもぜひ利用してほしい」と呼び掛ける。

 営業時間は、ランチ=11時~14時30分、ディナー=17時~23時。日曜・月曜定休。

みんなの経済新聞ネットワーク