ここから本文です

エジプト、リビアでの空爆継続を表明 コプト教徒襲撃で

5/30(火) 12:12配信

ロイター

[カイロ 29日 ロイター] - エジプトは29日、同国で前週にキリスト教の一派、コプト教徒を乗せたバスが襲撃された事件に関連し、犯行を実行したとみられるイスラム教過激派に対する隣国リビアでの空爆を続ける考えを表明した。

エジプトでは26日、コプト教徒を乗せたバスが襲撃され、29人が死亡。過激派組織「イスラム国(IS)」が27日に犯行声明を発表した。

リビア東部の民兵組織「リビア国民軍」の関係者は、エジプトが29日にリビアの都市デルナで空爆を行ったと明らかにした。エジプトは襲撃事件の数時間後にリビアで空爆を開始している。

リビア国民軍の報道官は「空爆はリビア国民軍とエジプト軍の合同によるものだ」と述べた。

エジプト軍報道官はアハラム紙に対し「テロを支援する者は、どこにいようとも罰する」と述べ、「テロリスト訓練拠点に対する軍事作戦の終了は発表していない」と言明した。

最終更新:6/10(土) 12:02
ロイター