ここから本文です

松山・山越の和カフェ「慈現」がメニュー刷新 和スイーツに特化 /愛媛

5/30(火) 14:00配信

みんなの経済新聞ネットワーク

 松山・山越の和カフェ「茶寮 慈現(ジゲン)」(松山市山越5、TEL 089-924-1211)がリニューアルオープンし、1カ月がたった。(松山経済新聞)

店内の様子

 経営は県内で飲食店を展開するブシド(松山市古川西3)。今回のリニューアルは慈現のブランド強化を目的とし、以前から和テイストのカフェとして運営していた同店のメニューを和スイーツに特化。昼のみの営業に変更し、カフェとしての役割をより強化させたという。

 席数は68席。メニューは、シロップとは別で同店オリジナルで考案した専用ソースを使った「かき氷(黒蜜きなこ、宇治抹茶、ベリーベリー)」(1,058円)、本蕨(わらび)を使った「わらび餅」(950円)など。「branch coffee」のコーヒーも提供する。

 同店スタッフは「和スイーツと言えば慈現というブランド力を持たせたい。テークアウトなども視野に入れ、より多くの人に慈現のメニューを味わってもらいたい」と話す。

 営業時間は11時~16時。

みんなの経済新聞ネットワーク