ここから本文です

トランプ政権による対キューバ政策見直し案、6月に発表=関係筋

5/30(火) 15:27配信

ロイター

[ワシントン 30日 ロイター] - トランプ政権による対キューバ政策の見直し案が完成間近となっており、6月にも発表される見通し。複数の当局関係者が匿名を条件に明かした。関係者によると、トランプ米大統領のアドバイザーは、オバマ氏がキューバ政府との国交正常化に向けて発表した渡航規制や貿易制限の緩和の一部を厳格化する提案書を作成。ただ、2015年に再開した両国の外交関係を壊すまでには至らないとみられている。

また当局者の1人は、同提案書が米国家安全保障会議(NSC)によってまとめられ、トランプ氏が初の外遊から帰国したことで見直しが加速すると述べた。

米政府からのコメントは得られていない。

提案書にはキューバで事業展開する米企業や軍事企業に対する規制厳格化のほか、米国人がキューバに渡航する際の制限強化が含まれるという。

(※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください)

最終更新:6/10(土) 14:47
ロイター