ここから本文です

【全仏テニス】前回覇者ジョコビッチが初戦突破「いつもと違う重圧があった」

5/30(火) 2:56配信

スポーツ報知

◆テニス 全仏オープン第2日(29日、パリ・ローランギャロス)

 男子シングルス1回戦で、前回優勝のノバク・ジョコビッチ(30)=セルビア=が、マルセル・グラノリェルス(31)=スペイン=を6―3、6―4、6―2で下した。13年連続の初戦突破にも「この大会に王者として臨むのは初めてだったから、いつもとは違う緊張と重圧があった」と吐露した。

 4大大会50回連続出場の節目となる今回は、今までと少し違った迎え方をした。クレーの前哨戦でモンテカルロ(8強)、マドリード・オープン(4強)、イタリア国際(準優勝)と3つのマスターズ大会に参戦。1つも優勝できなかったのは2012年以来だった。

 今月上旬にはコーチらとの契約終了を発表。長年組んできたチームを解散し、今大会の開幕前に99年全仏王者のアンドレ・アガシ氏をコーチとして迎えた。パリの街には新たにウェア契約を結んだ「ラコステ」を着ている広告があふれる。

 アガシ氏の帯同は長くても今週末までの予定。「できるだけ長く一緒にいられるようにしているし、コート内、コート外どちらのことも様々なことを学んでいる」という。心機一転を図る元王者は、今年も優勝までたどりつけるか。

最終更新:5/30(火) 3:38
スポーツ報知