ここから本文です

モー娘。牧野真莉愛、セ・パ交流戦始球式でリベンジ達成

5/30(火) 21:34配信

音楽ナタリー

モーニング娘。'17の牧野真莉愛が、本日5月30日に千葉・ZOZOマリンスタジアムにて行われたプロ野球「日本生命セ・パ交流戦 2017」開幕戦の千葉ロッテマリーンズ対阪神タイガース戦の始球式に登板した。

【写真】モーニング娘。'17(他34枚)

今季の「日本生命セ・パ交流戦」の応援大使を務めるモーニング娘。'17。2015年4月に東京・東京ドームにて始球式に挑戦した際に大暴投してしまい、リベンジを望んでいた牧野にとって今回の始球式は2年越しのリベンジマッチにあたる。いつか来るであろう2度目の始球式に向けて肩を温めていたという牧野は、昨日5月29日に行われた「日本生命セ・パ交流戦 2017」開幕記者会見でのデモンストレーションでは見事なストライクを決めていた。

モーニング娘。'17はまずマスコットキャラクターと共に「セカパカダンス」を披露。その後彼女たちは、野球を愛する子供たちの夢を叶える企画「セカパカ PLAY DREAM CAMPAIGN」で抽選に当たった少年による投球を応援した。いよいよ牧野が投球する番になると、残りのメンバーはキャッチャーの鈴木大地選手の後ろでスタンバイ。審判にアテンドされ、ピッチャーマウンドに登った牧野は自前のグローブを手に、右手を大きく振りかぶる。ボールは見事キャッチャーミットの中へと収まり、念願のストライクを達成。笑顔でメンバーと共にマウンドから去った。

始球式のあとモーニング娘。'17は囲み取材に出席。牧野は「メンバーがずっとキャッチャーの後ろに立っていてくれたので、力になったというか、がんばろうと思えました」と胸をなでおろす。昨日行われた会見で読売ジャイアンツの田口麗斗選手から「コンサートのパフォーマンスをしているみたいにやったらいいよ」というアドバイスを受けたという牧野。しかし彼女は実際にマウンドに立った際には「頭の中が真っ白になっちゃって、『終わったらモツ煮が食べられる』と思っていました」と語った。

「セ・パ交流戦 2017」の応援大使リーダーを務める譜久村聖には「モーニング娘。として今後の夢は?」という質問が飛ぶ。その質問に対し彼女は「先日(野球選手と)対談させていただいて、私たちと野球選手の皆さんで共通点が見つかったんです。地方へ行ってそこでのごはんを楽しみにしていたり、コンサートや試合に向けて体力作りをしたりだとか。今後の夢はスタジアムでライブをすることです」と目を輝かせながら回答した。

モーニング娘。'17は「日本生命セ・パ交流戦」の応援大使として、12球団を各メンバーが応援中。この日の試合に登場する阪神タイガースを応援している尾形春水は「高山(俊)選手がハロー!プロジェクト好きだと聞いたので応援したい」、対する千葉ロッテマリーンズを応援している佐藤優樹は「マーくん(千葉ロッテマリーンズのマスコットキャラクター)とまーちゃんは似ていると思うので、まーちゃんとマーくんなりに応援していきたいと思います。千葉ロッテマリーンズさんは勝つしかない! 勝ってください!」とそれぞれ各球団にエールを送った。

また牧野は前回の始球式で自身の投球について「-100点」とコメントしていたが、今回については「100億点! 投げたらボールがまっすぐにいってくれて本当にうれしかったです」と語っていた。

※記事初出時、人名の表記に誤りがありました。訂正してお詫びいたします。

最終更新:5/31(水) 0:22
音楽ナタリー