ここから本文です

尾瀬あきらが描く落語家のヒューマンドラマ「どうらく息子」完結巻

5/30(火) 22:00配信

コミックナタリー

尾瀬あきら「どうらく息子」の最終18巻が、本日5月30日に刊行された。

ビッグコミックオリジナル(小学館)にて展開された「どうらく息子」は、落語を題材にしたヒューマンドラマ。2010年より同誌にて連載され、落語監修は落語家の柳家三三が務めている。最終巻には主人公・銅ら治が落語家を目指す動機となった「文七元結」を演じるエピソードや、銅ら治が私淑する夢六師匠が病を乗り越えるストーリーなどが収録された。