ここから本文です

永野、自身のギャグ受けず…サンシャイン池崎のネタ何度もパクり「イエーイッ!」

5/30(火) 14:03配信

スポーツ報知

 タレントの篠原ともえ(38)が30日、都内で行われた「鳥取県が『星取県』になりました」発表会見に出席し、「星取県スター大使」に就任した。平井伸治鳥取県知事(55)、宇宙飛行士の山崎直子さん(46)、お笑いタレントの永野(42)が同席した。

 環境省が最近10年で実施した「全国星空継続観察」で、星の見えやすさ全国1位に12回輝いたという鳥取県。平井知事は今年4月1日に、観光PRの一環で「星取県」に“改名”すると宣言した。

 この日、篠原は「星取県スター大使」に任命され、知事から星形の特大リースと証書を手渡された。学生時代に天文部だったといい、“シノラースマイル”を満面に浮かべ「鳥取県のレギュラー番組で知事と仲良くなった」と昵懇ぶりをアピール。

 さらに「(同県の)花が沢山さいている花回廊を巡って、ステキな場所だったのを思い出します。じっくり見ると、赤とか青とか、星にもたくさんの色があります。その星の色に気づいてくれたらうれしい」と喜びを爆発。デザイナーでもある篠原は、「鳥取県のプラネタリウムのユニフォームや、星取県のロゴマークをデザインしたい」と知事におねだりした。

 会見はそこまで和やかなムードだったが、中盤で“応援ゲスト”の永野が登場すると一変。「スター代表として来ました」とあいさつすると、しらけた雰囲気が場内を占めた。持ちネタの星取県版で「星空より普通に、温泉が、スキ~!」と絶叫したが、笑いは起きず。知事は「星空より温泉が好きって…逆では…」と目が点に。

 永野は「拍手してー! ウソでもいいから」と目の前の記者らに懇願。堪えきれず突然、お笑い芸人・サンシャイン池崎(35)のギャグ「イエーイッ!」を披露すると、会場から少し笑いが。気を良くしたか、「空前絶後の星取県、イエーイッ!」などと何度も“パクる”開き直りぶり。そんな永野に触発されたか、篠原も突然、タレントのブルゾンちえみ(26)の持ちネタを披露。知事と永野を“with B”に見立て、「星取県の星は35億」とうれしそうにつぶやいていた。会場は再び静まり返っていた。

最終更新:6/13(火) 1:49
スポーツ報知

Yahoo!ニュースからのお知らせ