ここから本文です

ナショナルズのハーパー、ヘルメット投げて大乱闘

5/30(火) 14:26配信

スポーツ報知

◆ナ・リーグ ジャイアンツ0-3ナショナルズ(29日、サンフランシスコ)

 一昨年ナ・リーグのMVPに輝いたナショナルズのブライス・ハーパー外野手(24)が29日(日本時間30日)、サンフランシスコのAT&Tパークで行われたジャイアンツ戦で死球を受けた腹いせにヘルメットを投手に向かって投げ、大乱闘で退場処分となった。

 それは8回2死に起こった。マウンドにはジ軍の2番手右腕のハンター・ストリックランド。初球、98マイル(約158キロ)の剛速球が右腰付近に当たった。その瞬間にハーパーは文句を言った。それに対しストリックランドも言い返すと、バットを投手に向かって突きだし、直後にヘルメットを投げつけた。その後は両者殴り合となりお決まりの両軍ベンチが空になる大立ち回り。ハーパーが乱闘の輪から早々と抜け出したのに対し、怒り狂うストリックランドは大暴れ。最後はチームメート4人がかりでベンチに引っ込めた。

 この対決には大きな伏線があった。両者の対決は過去2度だけ。3年前の地区シリーズという大舞台でハーパーが2本の特大アーチを浴びせていた。それだけにハーパーは「やってはいけない事もあるが、時には行かなくてはならない時がある」と話した。ヘルメットを投げつけた上での乱闘のため、メジャーリーグから5試合前後の出場停止処分が科せられることは間違いなさそうだ。

 なお、ストリックランドも退場となった。

最終更新:5/30(火) 15:04
スポーツ報知

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合6/26(月) 17:15