ここから本文です

13歳の相撲ガール・眞子さんに密着 横綱・白鵬は「最高の人。すべてにおいて尊敬」

5/30(火) 14:32配信

スポーツ報知

 30日に放送されたフジテレビ系「バイキング」(月~金曜・前11時55分)では、相撲大好き少女として知られ、女優や歌手としても活動している久志本眞子さん(13)を特集。28日の大相撲春場所千秋楽の眞子さんに密着し、優勝した横綱・白鵬(32)が出席していた宮城野部屋の千秋楽パーティーの様子などを伝えた。

 眞子さんは千秋楽は序の口の取組から観戦。取組の合間にやるための学校の宿題を「大相撲クリアファイル」に入れて両国国技館にやってきた。観戦後は「結びの一番(白鵬-日馬富士戦)がすごかったです」と興奮気味。そのまま「これから千秋楽パーティーに行かせていただきます」と、急いで両国を後にした。

 向かったのは、宮城野部屋の千秋楽パーティー会場。相撲ガールとして小学生のころから有名な眞子さんは、結婚を発表した同部屋の人気力士・石浦(27)や、白鵬の紗代子夫人からも声をかけられるほどの存在。しかし白鵬は夜にNHKのスポーツ番組に生出演するため大忙しで、なかなか近寄れなかった。

 すると、眞子さんに気づいた白鵬が「眞子ちゃん、おいで」。優しく声をかけて眞子さんを呼ぶと、眞子さんが持っていた布製のバッグに「V38 Hakuho」とローマ字でサイン。眞子さんは「宝物です」と大喜びだった。

 また、番組MCの坂上忍が、自費で大相撲名古屋場所に「バイキング」として懸賞金をかける話を伝えると「私の取組ですか?」と白鵬。スタッフが申し訳なさそうに「稀勢の里関に…」と答えると、「まあまあ、そこから大相撲を応援してもらえれば。よろしくお願いします」と横綱らしい貫録の対応。「眞子ちゃんをよろしく」とも付け加え、気遣いを見せていた。そんな白鵬に眞子さんは「横綱は最高の人です。すべてにおいて尊敬します!」と感激の様子だった。

最終更新:5/30(火) 14:33
スポーツ報知