ここから本文です

【巨人】陽岱鋼が3軍戦で実戦復帰、2点適時二塁打放つ

5/30(火) 14:53配信

スポーツ報知

 ◆BCリーグ交流戦・巨人3軍―BC新潟(30日・G球場)

 巨人の陽岱鋼外野手(30)とギャレット・ジョーンズ外野手(35)が30日、3軍戦で実戦復帰した。陽は「1番・中堅」で3打数1安打2打点。ギャレットは「3番・指名打者」で2打数無安打だった

 陽は、初回の第1打席は3球で見逃し三振。2回の2死二塁では空振り三振に倒れた。3―0の4回1死満塁での第3打席では左中間に2点二塁打を放った。その後、松原の中犠飛で7点目のホームを踏み、4回終了で退いた。約2か月ぶりの実戦に「初めは感覚的なものがなく(1、2打席目は)気持ちが前に出すぎていた。(3打席目は)つないでくれて少なくとも1点取りたいと思いました」と振り返った。中堅守備では2回2死二塁に中飛を捕球した。

 陽は、春季宮崎キャンプ中に下半身の張りを発症。3月19日のイースタン・ヤクルト戦(G球場)では、下半身の別の箇所に張りを発症し、3軍でリハビリ調整を行っていた。

 左手人さし指先端部の骨折によりリハビリをしていたギャレットは、初回2死に空振り三振、3回1死に一塁ゴロ、4回2死に四球を選び2打数無安打1四球。4回に途中交代で退いた。

最終更新:5/30(火) 15:39
スポーツ報知

Yahoo!ニュースからのお知らせ