ここから本文です

バド桃田、ストレート勝ちで優勝に王手!31日決勝は日本代表・上田と対戦

5/30(火) 18:10配信

スポーツ報知

◆バドミントン 日本ランキングサーキット第4日(30日、さいたま市記念総合体育館)

 男子シングルス準決勝が行われ、違法賭博問題による無期限出場禁止処分から復帰した元世界ランク2位の桃田賢斗22)=NTT東日本=は元日本代表の武下利一(27)=トナミ運輸=を21―15、21―19のストレートで下し、優勝に王手を懸けた。31日の決勝は日本代表の上田拓馬(28)=日本ユニシス=と対戦する。

 試合中に「よし、よし、よーし!」と何度も自らを鼓舞しながら戦った53分の長丁場を「すごいラリーが長くてきつかったけど、強い気持ちで一球一球プレーできた。最後は自分の気持ちが上回ったんだと思う」と振り返った。

 31日は日本代表の朴柱奉監督(52)が視察に訪れる。「特に朴監督に向けてどうプレーするとかでなく、コートに立たせてもらっている感謝の気持ちをかみしめながらプレーしたい」。初戦から繰り返してきた「感謝」の言葉を胸に、決勝戦に臨む。

最終更新:5/30(火) 18:10
スポーツ報知