ここから本文です

【巨人】菅野、3回まで毎回失点 4―6とリードを許す

5/30(火) 19:37配信

スポーツ報知

◆日本生命セ・パ交流戦 楽天―巨人(30日・Koboパーク宮城)

 巨人・菅野は3回まで毎回失点を喫した。

 1点のリードをもらった2回は島内、岡島に連打を浴びるなど1死二、三塁として、嶋の右前適時打を許し同点に追いつかれると、茂木には右前適時打を喫し、3―4とした。

 巨人は3回、先頭の坂本勇が右越え二塁打で出塁。マギーの右飛で三塁へ進むと2死一、三塁から石川が左中間フェンス直撃の適時二塁打を放ち同点に追いついた。

 菅野は3回に聖沢に遊撃内野安打を許すと、ウィーラーの三ゴロをマギーがはじくエラーで無死一、二塁。銀次の遊ゴロを坂本勇が後ろにそらす痛恨のタイムリーエラー。1死一、三塁から岡島の中犠飛を浴び、この回も2失点。4―6とされた。

 菅野は初回にウィーラーに9号2ランを浴びたが、打線は2回に村田の適時内野安打、長野の2点タイムリーで3点を挙げ逆転に成功していた。

最終更新:5/30(火) 19:39
スポーツ報知

スポーツナビ 野球情報