ここから本文です

【川崎】4発快勝で8年ぶり8強!ACL通算20勝も達成

5/30(火) 21:10配信

スポーツ報知

◆アジア・チャンピオンズリーグ ▽決勝トーナメント1回戦第2戦 川崎4―1ムアントン=2戦合計7―2=(30日・等々力陸上競技場)

 川崎は、アジア・チャンピオンリーグ(ACL)決勝トーナメント1回戦・第2戦ムアントン(タイ)と等々力陸上競技場で対戦し、4―1で完勝した。2試合合計で7―2とし、09年以来8年ぶりの8強入りを決めた。

 敵地での第1戦を3―1で勝利したアドバンテージがあったが、「有利だと思われているが、ボールを保持して自分たちのサッカーをして勝ちたい」と鬼木達監督(43)の言葉通り、攻撃サッカーを貫いた。

 前半31分にFW小林が先制弾を奪うと、長谷川、E・ネットと立て続けに得点を奪い、前半を3―0で折り返した。後半にも1点を追加。同44分に1点をかえされるも、国内ではG大阪、鹿島に次ぐ3クラブ目のACL通算20勝で、クラブ記録タイとなるベスト8進出を決めた。

 ◆09年の川崎ACLベスト8 2位でグループリーグを突破し、決勝トーナメント1回戦(当時はグループ1位チームのホームでの一発勝負)ではG大阪と万博で対戦。1―2でリードを許していたが、残り15分で逆転して3―2で勝利した。準々決勝では名古屋に2戦合計3―4で敗退した。

最終更新:5/30(火) 22:18
スポーツ報知

スポーツナビ サッカー情報