ここから本文です

【安田記念】ディープインパクト産駒アンビシャス、過去2戦2勝のマイルで覚醒だ

5/31(水) 6:05配信

スポーツ報知

◆第67回安田記念・G1(芝1600メートル、6月4日・東京競馬場)

 上半期のG1は残りわずかだが、ディープインパクト産駒が不振にあえいでいる。G1制覇は皐月賞(アルアイン)のみで、オークス、日本ダービーは出走馬すべての着順が人気を下回った。マイル王決定戦、安田記念(6月4日)には5頭がスタンバイ。中距離から路線を切り替えるステファノスを始め、アンビシャス、サトノアラジン、ディサイファに新興勢力のグレーターロンドン。G1初制覇を狙うディープ産駒から今週は目が離せそうにない。

 アンビシャスは前走の大阪杯で流れが向かないなか、メンバー最速の末脚を駆使して5着。「1600メートルならかかっている暇がないだろうし、乗りやすくなる。この馬にとって最もG1を勝つ可能性があるとするならば、マイルじゃないか」と、音無調教師は2戦2勝の舞台設定を歓迎する。

 1週前追い切りでは栗東・坂路で同じレースに出走するブラックスピネルに2馬身遅れたが、52秒5―13秒5をマーク。仕上がりに不安はない。「もともとけいこは動かない。ペースがある程度流れてくれれば」。2年半ぶりのマイル戦で待望のビッグタイトルをつかむか。

最終更新:5/31(水) 12:28
スポーツ報知

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ