ここから本文です

【安田記念】ディープインパクト産駒サトノアラジン、6歳でもまだ成長!一撃あるぞ

5/31(水) 6:05配信

スポーツ報知

◆第67回安田記念・G1(芝1600メートル、6月4日・東京競馬場)

 上半期のG1は残りわずかだが、ディープインパクト産駒が不振にあえいでいる。G1制覇は皐月賞(アルアイン)のみで、オークス、日本ダービーは出走馬すべての着順が人気を下回った。マイル王決定戦、安田記念(6月4日)には5頭がスタンバイ。中距離から路線を切り替えるステファノスを始め、アンビシャス、サトノアラジン、ディサイファに新興勢力のグレーターロンドン。G1初制覇を狙うディープ産駒から今週は目が離せそうにない。

 サトノアラジンは今年初戦の京王杯スプリングCは9着。重馬場に本来の末脚の切れを発揮できなかった。「前走は雨馬場に尽きる。前走時から状態は良かったけど、さらに体は引き締まった。(年齢を重ねて)ようやく背腰がしっかりして、固まってきた」と、池江調教師は6歳の春を迎えての成長を感じ取る。

 G1は7度目の挑戦で、これまでは昨年のこのレースを含めて2度ある4着が最高成績。「東京コースが一番合っているし、今回は何頭か引っ張る馬がいるので、うまく展開が向いてくれれば」と山元助手は流れを味方につけての一撃を期待していた。

最終更新:5/31(水) 12:28
スポーツ報知

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ