ここから本文です

【広島】薮田、6回0封!6連勝に導く

5/31(水) 7:10配信

スポーツ報知

◆日本生命セ・パ交流戦 西武0―5広島(30日・メットライフドーム)

 最大のピンチは真っ向勝負で切り抜けた。6回2死二、三塁。木村文をストレートで平凡な右飛に打ち取った。6回無失点。今季初先発の大役を、これ以上ない結果で果たしてみせた。「要所で抑えられたことができたのでそれが良かったです」。チームを6連勝に導き心地よい汗をぬぐった。

 野村が腰の違和感で離脱し、巡ってきた今季初の先発マウンド。初回こそ2死から四球と安打でピンチを背負ったが、2回以降は調子を上げた。直球は自己最速の156キロをマーク。加えてフォークのように沈むツーシームもさえ渡った。この“魔球”は亜大伝統のボール。大学時代に同級生のDeNA・山崎康と一緒に、2学年先輩のソフトバンク・東浜から教わったウィニングショットだ。

 モデルのkaruna(26)と20日に入籍し、昨季の3勝を超える自己最多の4勝目。緒方監督は「次回もいってもらいます」と、野村は戻ってくるが次回の先発も明言した。

 ◆薮田 和樹(やぶた・かずき)1992年8月7日、広島市生まれ。24歳。岡山理大付高では甲子園出場なし。亜大では東都リーグ戦通算0勝も、2014年ドラフト2位で広島入り。15年7月1日の巨人戦でプロ初登板初勝利。昨季は16試合で3勝1敗、防御率2・61。今季は開幕から中継ぎでフル回転していた。188センチ、84キロ。右投右打。

最終更新:6/6(火) 7:06
スポーツ報知

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合6/29(木) 5:00