ここから本文です

山田洋次監督、5年ぶり劇団新派公演演出「劇団でこそできるものがある」

5/31(水) 7:03配信

スポーツ報知

 映画の山田洋次監督(85)が、5年ぶりに劇団新派公演の演出を手掛けることになった。来年1月に東京・三越劇場で上演されるもので、演目と出演者はこれから決まる。

 新作「家族はつらいよ2」がヒット中の山田監督が、新派を演出するのは2010、12年「麦秋」、12、13年「東京物語」に続き3度目。ともに小津安二郎監督の名作の舞台化だったが、映画ファンも裏切らない内容で話題を呼んだ。18年は新派創始130年。良い弾みとなりそうだ。

 監督は「先輩が後輩に教えるチームワーク、良いアンサンブルで仕事できるのはうれしい」といい、「新派には独特のムードと間がある。劇団でこそできるものがある」と力を込める。今年は今井翼(35)主演「音楽劇マリウス」、前進座「裏長屋騒動記」も担当するなど舞台での活動も目覚ましい。

最終更新:5/31(水) 7:03
スポーツ報知

Yahoo!ニュースからのお知らせ