ここから本文です

上川隆也主演『遺留捜査』2年ぶり放送決定 レア記録も達成

5/30(火) 5:00配信

オリコン

 俳優の上川隆也が主演するテレビ朝日系ドラマ『遺留捜査』の新シーズンが、7月期の「木曜ミステリー」枠(毎週木曜 後8:00~8:54)で放送されることが明らかになった。2年ぶりに風変わりな刑事・糸村聡が帰ってくる。上川は「連続ドラマでまた糸村を演じられるとうかがった瞬間、まじりっけなしにうれしかったです」とコメント。テレビ朝日のゴールデンタイムドラマ枠を制覇するというレアな記録も達成した。

 『遺留捜査』は、超マイペースで空気を読まない不思議キャラの刑事・糸村が、事件現場に残された“遺留品”が持つ意味を徹底的に探り、声なき遺体が訴えたかったメッセージを代弁。事件そのものを解決するだけでなく、遺族の心情をも救う優しさあふれる活躍ぶりを描き、人気を集めたシリーズ。

 2011年4月期の「水曜21時」枠(水曜 後9:00)に初登場し、最高視聴率17.0%を記録する人気を獲得した。12年7月期に第2シーズンが「木曜ドラマ」枠(木曜 後9:00※最高視聴率13.7%)で放送され、第3シーズンは13年4月期に「水曜21時」枠 (最高視聴率14.6%)に戻って放送。その後は、スペシャルドラマとして「日曜21時」枠で3作、「土曜21時」で1作が放送されている。(※いずれも関東地区 ビデオリサーチ調べ)。最新シーズンは、「木曜ミステリー」枠で放送されることになり、同局のゴールデンタイムドラマ枠を制覇したことになる。

 上川は「この作品は“枠によらない”素材なのかも知れません。枠が違うから何かを変えるということはありませんし、『遺留捜査』が『遺留捜査』であり続ければ、『木曜ミステリー』枠に移動したことの意味も後からついてくるのではないかと思っています」と心境を語っている。

 糸村が着任するのは、強行犯捜査を担う京都府警捜査一課の中にあって、特殊な事情のある案件に優先的に投入されるチーム“特別捜査対策室”、通称“特対”。世間の耳目を集めるような派手な事件から、高度な情報管理が義務づけられる隠密捜査、他府県との合同捜査などを担当する、プロフェッショナル集団で、難事件を鮮やかに処理することから“火消し”とも呼ばれている。

 糸村とコンビを組む女性刑事・神崎莉緒に栗山千明、さらに、段田安則、戸田恵子 永井大らの出演が決定。そして甲本雅裕演じる、おなじみの科捜研係官・村木繁が引き続き登場する。

最終更新:5/30(火) 10:58
オリコン