ここから本文です

【DeNA】ハマの浜ちゃん、プロ最長7回0封!3位に浮上

5/31(水) 7:03配信

スポーツ報知

◆日本生命セ・パ交流戦 日本ハム0―3DeNA(30日・札幌ドーム)

 全力で腕を振り続けた。浜口はプロ最長となる7回を投げ、5安打無失点と好投。自身の連敗を3で止め、4月25日の阪神戦(甲子園)以来、約1か月ぶりの3勝目だ。「チームにずっと迷惑をかけてきたので、何とか自信を持って自分の投球をしようと思いました」と久しぶりの笑顔を見せた。

 1年目で開幕ローテ入り。夢中で投げていたら、2勝を挙げていた。だが、徐々に相手にも研究され、いつの間にかマウンド上で無心でいられなくなっていた。勝てないあせりから、攻めの気持ちを失い、いろいろと考えすぎては制球を乱して自滅―という悪循環にはまっていた。

 原点回帰が功を奏した。スランプ脱出のために出した答えは「しっかりと打者と勝負すること」。4回まで毎回走者を出したが、「とにかく気持ちを強く持つように言い聞かせてました」。高城が直球とチェンジアップという自信のある2つの球種を中心としたリードをしたことも後押しした。

 昨年は3連敗を喫した日本ハムに敵地で快勝。0・5差で追っていた巨人が敗れ、チームは開幕直後の4月1日以来となる3位に浮上。「しんどかったですけど、これをいいきっかけにして頑張りたいと思います」。長いトンネルを抜けた“ハマのハマちゃん”が、本来の勢いを取り戻した。(片岡 泰彦)

最終更新:6/12(月) 22:03
スポーツ報知