ここから本文です

「もう全員怖いわ」波瑠主演「あなたのことはそれほど」ついに美都の口から“離婚”の2文字が!?その時、東出昌大演じる涼太が取った行動とは?

5/30(火) 21:13配信

E-TALENTBANK

30日、第7話が放送されるTBS系ドラマ「あなたのことはそれほど」。

先週放送された第6話では、麗華(仲里依紗)と有島(鈴木伸之)に接触し、何もなかったかのように帰宅した涼太(東出昌大)に、美都(波瑠)は嫌悪感と恐怖感を募らせる。そして、美都は有島を呼び出し、夫の了承があるから別れないと言い出し、別れを切り出そうとしていた有島を驚かせる。そんな日々を過ごす中、あることをきっかけに美都は涼太に対して本心をぶちまけ、家を出て行ってしまうことに。一方、有島は、麗華と何食わぬ顔で家庭生活を送っていたが、度々麗華が美都との関係を匂わせるかのような言動をすることに怯えていた。そして、美都は有島にある提案をして…という展開を見せた。

【写真】美都(波瑠)を抱きしめる涼太(東出昌大)

先週の放送では、これまで物静かで常識的な妻だった仲里依紗演じる麗華が、有島の行動を全て知っているような言動をし始めた。麗華が反撃を始めたことで「主要人物みんな怖い。」「みんな怖いよ、、、」「登場人物みんな怖い。」「気持ち悪いくらい怖い」「全員めんどくさいwww」「とりあえず出演者ほぼ全員怖い。」「もう全員怖いわ笑 あなそれやばい。」という声が聞かれた。

今週の放送では、ついに美都と涼太の間に“離婚”の文字がチラついて…という展開を見せそうで、この人間劇がどのように進んでいくのか、ますます注目が集まりそうだ。
 
【第7話あらすじ】
 
家出した美都(波瑠)にすがられる有島(鈴木伸之)は、友達に戻ろうと提案するが、首を縦に振らない美都。その様子に踏ん切りがつかない有島だったが、妻・麗華(仲里依紗)の言葉が脳内にリフレインし、意を決する。

その後、涼太が待つ家に帰りたくない美都は、母の悦子(麻生祐未)に泊めてもらおうと、スナックを手伝い始める。しかし、美都を連れ戻そうとする涼太(東出昌大)にあっけなく見つかってしまうのだった。どうしても一緒に帰りたい涼太に対して、どうしても帰りたくない美都。こうして、とうとう「離婚」の言葉を口にする―

一方、実家から戻った麗華は、麗華の助言で夫に「一日だけ夫婦でデートがしたい」とワガママを言ったのにドタキャンされて落ち込む皆美(中川翔子)と出くわす。会話の中で美都を詮索され強気で言い返すが、麗華も心に引っかかっていた。そんな麗華自身も「ワガママを言うとしたら何?」と聞いてきた有島に「夫婦でデートがしたい」と提案。久々のデートで見せた麗華の表情に、良心が痛む有島は…?

その頃、美都の勤め先に、涼太の同僚・小田原(山崎育三郎)がやって来る。果たしてその目的は…?!

最終更新:5/30(火) 21:18
E-TALENTBANK

Yahoo!ニュースからのお知らせ