ここから本文です

護衛艦「あしがら」、金曜日はカレーの日だった

5/30(火) 7:22配信

ニュースイッチ

旧海軍以来の名物で邪悪を払う

 海上自衛隊の佐世保基地(長崎県佐世保市)に停泊する護衛艦「あしがら」を見学した。世界最高水準の防空能力を備えるイージスシステムを搭載した最新鋭艦で、複数の目標を同時に把握しながら迎撃できる。

 半径数百キロメートルを覆う強力なレーダーと高性能コンピューターを用い、100以上のミサイルや航空機を追尾して、同時に10以上の標的を対空ミサイルなどで迎撃する。4月下旬に太平洋上で実施された日米共同訓練では、米海軍の原子力空母「カールビンソン」の護衛に当たった。

 艦橋に上がり、見上げると、さまざまなレーダーから強力な電磁波が出ていることを感じる。「いつもは金曜日と決まっていますが、今日は特別にお出しします」。士官室で旧海軍以来の名物であるカレーライスをごちそうになった。

 29日早朝、北朝鮮が再び弾道ミサイルを発射し、日本の排他的経済水域内に落下した。度重なる国際社会の警告を無視し、挑発し続ける北朝鮮の態度に強い憤りを感じる。

 イージスとは、ギリシャ神話の中で最高神ゼウスが娘の女神アテナに与えた「万能の盾」を指し、あらゆる邪悪を払う能力があるとされる。仮に邪悪が降りかかっても、確実に振り払ってもらいたい。

最終更新:5/30(火) 7:22
ニュースイッチ